【ファームウェア】ArcticFox & NFE Tools【狐】



「Arctic Fox」(通称:狐)について
MODを純正ファームウェアで使用してる人がほとんどだと思うけど
カスタムファームウェアが面白いんで紹介
特に「Eleaf iStick Picoシリーズ」「Joyetech Primoシリーズ」「Joyetech VTCシリーズ」とか持ってる人は是非試して欲しい





1.「Arctic Fox」の入手
「Arctic Fox」(通称:狐)は「NFE Team」ってとこが作ってるんでダウンロードしてみよう

名称未設定-0.jpg
ダウンロードサイトはここNFE TeamのWebサイト【https://nfeteam.org/

青色の「Download NFE Tools」と緑色の「Download ArcticFox」があるんで両方ダウンロードしてね

「NFE Tools」はZIPファイルなので適当な場所に「保存・展開」
出来たフォルダの中に「NToolbox.exe」ってファイルがあるので「実行」

名称未設定-1.jpg





2.「Arctic Fox」への書き換え方
ここまで来たら、MODとPCをUSBケーブルで接続
スマホ用の充電専用ケーブル等は認識しない場合もあるから注意

一番下の「Firmware Updater」を起動
Eleaf iStick Pico の場合、最新ファームなら純正の「Firmware1.03」が表示される

名称未設定-2.jpg

「Update from file」を開いて、さっきダウンロードした「ArcticFoxファームウェア」を指定
「ArcticFoxファームウェア」はBINファイルで「af_170603.bin」みたいなファイル名を指定だ


名称未設定-3.jpg

無事ArcticFoxにファームウェアが書き換えられた
もちろん純正ファームウェアに戻したかったらすぐに戻せるから安心して
ちなみにiStick PicoならここのSoftwares for iStick Picoで戻せる





3.「Arctic Fox」の設定方法
MODの表示変わったと思うんで、実際に設定を行っていこう
設定は「NToolbox」の「ArcticFox Configuration」から行う

名称未設定-4.jpg

P1~P8まで8種類ものプロファイルを予め設定できる
VWモード・TCモード・アトマイザー・コイル・リキッドで使い分けよう
プリヒートがかなり細かく設定できる
立ち上がりの遅いクラプトンワイヤーでも余裕だ

名称未設定-5.jpg

スゴイのがTCモード(温度管理モード)
最初はこんな設定から始めると体感しやすい

Power:75W(怖い人は30Wでも50Wでも大丈夫、実際制御効いてそこまで出ない)
Mode:Temp Control(ここで「Setup」に入ると「PI-Regulater」に入れるよ)
Coil Material:使ってるコイルをここで指定しよう
Temperature:180℃~250℃程度
「Temperature Dominant」にチェック

名称未設定-6.jpg

ArcticFoxの肝「PI-Regulater」の設定
まず「Enabled」をチェック
Range:0%
P Value:初期値1850 → 300~400程度に
I Value:300程度に



とりあえずコレで吸ってみて
純正ファームウェアのTCモード(温度管理モード)より制御効いてるはず


もうちょっと掘り下げると


Rangeは温度管理を始める温度帯のこと
0%なら0℃から
50%なら180℃設定で90℃から、200℃設定で100度から
100%なら設定した温度に達した時点で温度制御を開始するっぽい
僕は「0%」設定



PI-Regulatorは制御の仕方だ
TC機能があるMODでも、この設定は弄れないモノがほとんど
ここの値を変えると、TCの挙動がメチャ変化するよ


P Valueは目標温度と現在の温度の差が大きい時の動作に大きく影響する
この値が大きいと一気に目標温度に近づく感じ
値が小さいとダラダラ加熱していく感じ
んで初期値の1850はパワフルすぎてオーバーシュートする
大体300~600程度で良い、僕は「300~400」設定


I Valueは目標温度に近づいてきた時の動作に大きく影響する
目標温度付近でチョコチョコ微調整するヤツだ
大体300~500程度で良い、僕は「300」設定



ちなみに、温度管理可能なワイヤーはステンレス・ニッケル・チタンでカンタル線は出来ないよ
ワイヤーが良くわかんない人はこっちの記事見てね
http://blog.seesaa.jp/cms/article/edit/input?id=451014314





4.「Arctic Fox」オススメの設定

■SXK製・SJMY製のDoggyStyle 2K16 Cloneでお気に入りの設定
 ワイヤー:Kanthal A1 28G
 巻数:7wrap~8wrap スペースドで
 抵抗値:1.2~1.3ohm
 出力:10W~15W
 コットン:無印を少なめ
 プリヒートタイプ:絶対的
 プリヒート出力:25W~35W
 プリヒート時間:0.5秒~0.3秒
 プリヒートディレイ:9秒~15秒
arcticfox_setting1.jpg



■SS316Lなんでも対応
 ワイヤー:SS316L 24g 26g 28g
 巻き数:任意
 抵抗:任意
 出力:MAX Picoなら75W
 プリヒート:無意味なので不要
 モード:温度管理 
     →設定タブ
      PI制御 有効にチェック
      P(比例定数):300~400
      I(積分定数):300
 コイル素材:[TFR]316L
 温度:180~250度(リキッド次第)
    →温度優先にチェック
arcticfox_setting2.jpg

 



5.「Arctic Fox」が対応しているMOD一覧
対応MODはこんなにあるよ

■Joyetech製
 VTC Mini VTC Dual VTwo Mini VTwo
 AIO Basic
 Primo Primo 2.0 Primo Mini
 eGrip II / Light
 Cuboid Cuboid Mini Cuboid 200

■Wismec製
Presa TC75W Presa TC100W
RX75 RX200 RX200S RX300 RX2/3 RXmini
Predator

■Eleaf製
iStick TC100W iStick TC200W
iStick Power 80W
Pico 75W Pico Mega
Pico Dual Pico RDTA
Aster

Vaporflask: Classic Lite Stout
Beyondvape Centurion
La Petite Box
Vapor Shark SwitchBox RX

arcticfox_evic_primo_mini.jpg

お気に入りのコンパクト軽量MOD
「Joyetech eVic Primo Mini」にも入れてみた
MODの液晶デカいから設定が一目瞭然、わかりやすい





6.「Arctic Fox」の操作方法
基本的な操作は純正ファームと大差ないよ
【デバイス電源ON・OFF】パフボタン×5回
【プロファイル選択】パフボタン×3回→「+/-ボタン」でプロファイル選択
【プロファイル詳細設定】パフボタン4回
【セッティング変更】パフボタン/+ボタン 同時押しホールド
【キーロック】「+/-ボタン」同時押しホールド
【抵抗値リセット】プロファイル選択中に「+/-ボタン」同時押しホールド





7.「Arctic Fox」の日本語化
NFE Team Forumってコミュニティにアップされてる
https://nfeteam.org/forum/forums/nfe-tools-localizations/
ここで[JA]Japanese Language Pack的なスレッドを探して
「JA.lpack.txt」ってファイルを探してダウンロードするよ
それを「NFE」フォルダの中の「Languages」フォルダにつっこんで
「NFE Tools」を再起動すれば日本語化完了
arcticfox_japanese_language.jpg
簡単だね






以上「ArcticFoxカスタムファームウェア」でした




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック